風義ブログBLOG

2019.09.12

会津若松市和田の家。

会津若松市和田の家、今週中には確認申請用の設計図仕上げます!なんていっていましたが・・・、終わらんかった。今日は敷地の段差を再確認するため機材を持って現地入りしてきました。

屋外の作業が”しやすい”季節になりましたね。

完成見学会のお知らせです↓

郡山市西田の家 

2019.09.11

転換点。

博士後期課程合格と今春からお世話になっている研究室の様子を報告に午後お休みをいただいて新潟大学にいってきました。あっというまの3時間、研究の助言を沢山いただき帰路に向かいました。先生とお会いしたのは5年前。あそこがわたしの転換点であったのだと振り返ることができます。

完成見学会のお知らせです↓

郡山市西田の家 

 

 

2019.09.10

エアコン取付の相談。

一昨年お引き渡ししました材木町のご家族より「エアコンなしでもすごせております。」と一報をいただきました。が、新居も家族の暮らしぶりに馴染み、子供たちのおけいごとや自主勉の環境づくりを徐々に構成していきたいとご相談をいただきました。

大きなお家ですがエアコン1台でまかなえるよう計画しておりましたのであとはお好みのメーカーを決めれば直ぐにでも工事できます。

ついさっき久々にお邪魔しましたが、立派なお宅になっていました。

完成見学会のお知らせです↓。

郡山市西田の家 

 

 

2019.09.09

あせらずゆったりと。

郡山市西田の家、最終章になりました。ふすま紙とロールスクリーンのお色も決まり、いよいよです。じっくりと時間をかけて挑ませて頂いた手仕事が満載な住宅となりました。施主の余裕すらうかがえるLDKの空間構成はこのおたくの主核でもあります。

完成見学会のお知らせです↓。

郡山市西田の家 

2019.09.08

研究、はじめよう。

今日は子どもたちが通う学校で学園祭。なんでも12:00から息子の女装姿が拝めるということで本日は早朝より郡山市御前南の家と西田の家でそれぞれ打ち合わせを終え開始30分前に到着。

女装姿の写真はさすがにマズイと思うので遠目の写真をUP。子どもの成長は早いですよね、ほんとに。

あっそれとご報告が遅れましたが先日受験の結果、合格でした。まずは第一関所通過ですね。

 

2019.09.06

ウソホント。

YAHOOニュースにアスリートと芸能人の記事がありました。記事によるとなんでもその芸能人は手をあてる民間療法の施術ができるそうで、これまでにもそうした施術をしさまざまな方々を救ってきたそうです。大病や難病など経験した本人、家族などで当事者であればそうした民間療法にも頼り万分の1の可能性をつかみたい・手に入れたいお気持ちは十分に理解してます。私もそうした効果を期待しているそのひとりであるわけですが、でもしかし、ウソとも言えないしホントとも言えないし。

私の界隈も同様にこうした事はしょっちゅう耳に入ります。「コンクリートにある物質を混ぜ込めるとなんだかすごくいい空気が生まれる」とか「内装壁に〇〇を入れた材料を塗ると健康的にすごせる」とか。ウソかホントかは私にはわかりません。

住宅建築は工学的な部分もありつつ文学的な部分もあり、数値や理論といったエビデンスに重心を置く場合や、空想的でエモーショナルなイメージに重心を置く場合もありそれらを行ったり来たりすることもあり、工学的な発想ばかりでは実験室を作るようで、かといって文学的な構築ではいけないわけ。

家づくりは人生のイベントのなかでも1、2位を争う大きな出来事。こうしたイベントに私たちのような専門職はどのようにしながら依頼者と併走できるのかなと思った午前でした。

写真はウチのヒロくん。

アニマルセラピー効果を期待して、小児科病棟などで活躍している子(犬)がたくさんいると調べたことがあります。これはフォーマルな療法、インフォーマルな療法?

 

2019.09.05

経験知。

会津若松市・南花畑の家です。中間検査の現場立会いを大工さんとともにおこないました。そのねらいは検査員が実際にどこをどのようにして現場検査するのかを大工さんに学んでもらう寸法です。

こうした経験を得て高みへと向かうのでしょうね。

2019.09.04

管理。

昨日午後、郡山市西田の家と御前南の家、両宅の現場確認をおこないました。

写真は郡山市西田の家。今月中旬に完成できそうです。その後試運転など繰り返しお引き渡しとなります。

写真は郡山市御前南の家。合併浄化槽の設置も終えカーポートの柱脚処理が終われば駐車場の土間コンクリートを打設します。

2019.09.03

消費税。

一ヶ月後消費税率が変わります、8から10%に増えるのでよくいう増税ってやつですよね。税金が足りないから増税するんだろうけど、飲食店やコンビニで電子決済すると戻りが多いとか少ないとかニュースでやっていて。税金の仕組みはよくはわからないけれど、税金が足りないから増額するのであればキャッシュバックとか助成金とかくれるのどうなのかなって。本当に足りないのであればそういうことはせずに、足りないところにそのお金をかけたらいいのになぁってつぶやいてみました。

先日フォカッチャ作りました。ピザ生地で作れるのでピザに飽きたらみなさんもどうでしょうか。

2019.09.02

国税ではありません。

先ほどマルサ漆工房にお邪魔してきました。

下記の写真は娘のお弁当箱です。

よく見るとたて方向の割れが、そしてフタ部分にも凹んだ傷がありました。落としちゃったのかな、このお弁当箱の木地はケヤキ材を彫り込んだもので、通常の使い方では割れたり欠けたりはしづらいはず。プラスチック製のお弁当箱でさればこのまま危険物のゴミとしてポイっと投げてしまうところですがなおしてもらおうと喜多方市へと向かいました。

ご主人は留守でしたが先代のオヤジさんが対応してくれました。割れたところをあえて違った素材で修理したいと話したところ「???」といった表情ではありましたがその理由を話してご納得の様子。だってそうした方が娘のストーリーとして残るし、親心としても残るし、職人技としても残るし。当然お弁当箱も残る。

修理場所に布を張り傷口を補強しつつ、布繊維の凸凹をチャームポイントとなる仕上げでお願いしてみました。上記写真の漆の器は傷の補強ではなくはじめから意匠性と機能性を取り入れた作品でございます。

このご時世ですから代わりになるもの、つまり代替品はそりゃ〜たくさんあります。それらに買い換えた方が安いし手軽だし移動手間も考えればなおさらで。それでもこれだけ物が溢れ、選びたい放題の時流のなかで本当に気に入った物を介して過ごせる人生を生きてほしいなと想っております。

 

 

 

«...3456...»

Entry

Category

Archive