風義ブログBLOG

2008.10.07
山義標準仕様

‘すてき‘キッチン

ふくしま家つくりの本の取材がありました。
IMG_685999.jpg
IMG_6830.jpgIMG_6839.jpgIMG_6870.jpgIMG_6946.jpg
コンパクトな広さを持つSさんのお住まい。
オール電化で月平均10,000円位のランニングコストということ。
やりました!!プランニング時に温熱計算したからね。うれしいです。
(くわしくは11月発売の本で。)
さて、キッチンについて少しお話を。
お客さんの要望による変化や各メーカーオープンスタイルの商品をラインナップ
してきた為に目する機会が多くなりましたセミオープンやオープンなキッチンスタイル。
しかし、すべての世帯に適しているかは疑問もある。『まー、すてき!!』
こんな印象が先行していませんか。
オープンキッチン、実はかなりの苦労と工夫、そして勇気が必要であります。
提案する設計者側の裁量も問われることにも。
オープンキッチンのメリットとデメリットを整理してみると、
空間の広がりが視界を開き動線をスムーズに。
多目的空間の部分もあり家族とのコミニケーションがはかれます。
反面、仕切りがないためにおいや煙、油煙も各部屋に漏れやすい。
調理や片付けの音も気になるところ。キッチンが真ん中にくるとキッチンの中に
住んでいるような錯覚も出てくる場合も。
一日のキッチンの作業時間はどのくらいかを住まい手の性格によっては
検証することも必要かもしれない。においと煙は深刻で打ち合わせ時には
しっかり話す必要があります。レンジフードは最近カッコイイものが多く選択肢が
増えたが効率的なものはまだ多くはないのが現状。
IMG_6847.jpgIMG_6906.jpgIMG_6908.jpg
IMG_6887.jpg
出来合いのシステムキッチンのみでは個性でない。
フルオーダーキッチンまでは予算組みできない。
そんな時山義では...すてきなキッチンをつくるポイントは大きく3つ。
冷蔵庫位置、吊戸棚そしてレンジフード。
まず冷蔵庫の配置。
新築時に冷蔵庫も新調できる方は少なく現状のままプラン作成。
冷蔵庫の存在は空間を左右するので食品庫や食器棚の脇に。
もちろん使いやすい場所であることは大切です。
吊戸棚は大きな食品庫や造作収納によって必要がなくなる傾向にも。
システムキッチンの扉を空間に出すことにより‘すてき‘が半減するような感じもする。
高価なシステムキッチンの扉をチョイスすることが‘すてき‘を増幅するのではなく、
バランスなんだと思いますねやっぱり。
チープでもいいんですよ、バランスあればね。
最後はレンジフード本当は‘なくす‘ことができればいいけど、存在感が大きい。
それ一つでも印象はかなりのもの。
標準に付いてくるものを変えるだけでもかなり違うのです。
『すてきなキッチン、快適なキッチン』を手に入れるのは
カタログとにらめっこでは無理そうだよね。
その辺の提案はお任せください!!

2008.09.27
風義について

なぜ家をつくるのですか。

人はなぜ家をつくるのか。
以前、読んだ建築家の本にありました、
地球上には無数の建築物がありその中で一番数が多い建物は住宅だと。
洞窟で寝泊りする時代が終わって道具を使用し小屋のような住宅をつくったのが原始時代。
後に倉庫や神殿や城と色々な建物が生まれ、
文明の発達と共に
工場や駅舎、学びの場として学校などなど何百、何千の建物をつくり続けていると。
種類が増えても住宅がやはり一番多い。
みなさんのまわりは。
じゃあ、歴史も古くて量も多い住宅って…
工場は働くため、
事務所は事務のため、
お店は買い物のため、
プール場は泳ぐためなどなど目的がしっかり。
住宅は…〜ん。
寝る。食べる。お風呂。テレビや音楽を視聴、来客もあります。
無数の目的が人の数だけ。
食事はレストラン。宿泊はホテル。
お風呂は近場の温泉へなど、代用できるものは他も。
住宅でなければできないことって何。
子づくり!!いやいやこれも他で可能。(スミマセン。失笑。)
動物の棲家は子育てのために作られるのは皆さんもご存知のことかと。
目的が終われば終了。
本能なんでしょうね。
人間も動物です。
住宅は家族の‘だんらん‘が目的なのでは。
家をつくるのは家族のため行為であって世間体や見栄のためじゃなく。
住宅雑誌で、白いイメージの家をみて
そこで焼き魚を食べる家族を想像できない私がいけないのかもしれませんね。
カッコいいんだけれども。
省エネの最新設備や美しいキッチンもいいんです。
アパート代で住宅を獲るのも大賛成。
でもでも、何のために家をつくるのか。
出発点であってほしい。
そのお手伝いがしたいっす〜ね〜。
IMG_6816.jpg

2008.09.16
風義について

守りたいこと。

‘住まいは、家族にとってやさしい空間でありたい’
山義の設計する家には蛍光灯色を選ばないようにしている。
そもそも蛍光灯の青白さは作業など働くためのものであって、やさしさを求める光ではない。
ひどい疲れを感じる時、青白い光の我が家に帰宅することを避け
違った色へ向かう人もいることでしょうね。
心身を休ませるに具合がイイのはやっぱり白熱灯の黄色い光。
以前、ブログで紹介した先生の話ばかりではない。
自身がやすらぎを求めるバーやレストランなど黄色く温かみのあるお店に出向くはず。
照明のデザインや配置も大切。
こんな時代であれば省エネも気になります。
根底に流れる山義の想い。
‘住まいは、家族にとってやさしい空間でありたい’
そこがたいせつだよね。
022舞台田.jpg
電球の色替えてみては!!早く帰ってくるかもよ!!

2008.09.02
山義標準仕様

左官と付き合う

IMG_6777.jpg
左官という仕事はとても興味深い。
土の塊からうつくしさを表現し、
粒度を揃え砂や糊、水と語りコテ先の加減で壁に仕上る。
おおらかな左官の感性は豊かな壁の表情を創る。
それ故に職人の勘や経験に頼るところがおおきく
土地柄や気候風土によって多種多様な表情を生み出す。
われわれ大工職とはことなり図面等の作図などがなく
技のほとんどは‘口伝‘なので
設計者などを困らす職でもあるのも事実。
また、天候により工期も読めず
現場監督泣かせでもある。
IMG_6711.jpgIMG_6730.jpgIMG_6740.jpgIMG_6768.jpgIMG_6794.jpgIMG_6806.jpg
ではなぜにそのような壁をつくる左官と付き合うのだろうか。
とにかく彼らの姿を見てほしい。
図面、サンプルやカタログではなく
彼らの技を見てほしい。
とにかく見入ってしまう。
IMG_4671.jpg
左官の創る壁は別格だ。
仕上た壁を眺める。
「シャ―」っと
コテの声が聞こえてくるのは私だけだろうか。

2008.08.31
風義について

会津と生きる

お天気最高。さすが太陽くん!!
IMG_6609.jpgIMG_6661.jpgIMG_6662.jpgIMG_6683.jpg
IMG_6624.jpg
ご親族やお友達もたくさん集合。
棟梁のお清めにはじまり、まき餅にまき銭とにぎやかな上棟式に。
IMG_6692.jpg
「過剰な設備はいらない。」
ふたりとの出会いを一種の問題提起として受け止めたのを今でもおぼえている。
オール電化住宅や様々な工法を決して否定するつもりはない。
簡素化した暮らしが最もうつくしいく、
そうした暮らしのあり方を大切にしてきたはずのわたしたち日本人。
日々の生活の拠点となる住まいとその暮らしのあり方について
われわれはもっともっと深く考える必要があるのかもしれません。
スローライフやロハスということばがもてはやされているこのごろ、
異国や都市型の生活スタイルに憧れを持つように和の空間に憧れを抱いた
変わった方とはじめおもいましたが自国の文化にも誇りを持ちそのうえで
地域の文化にも興味を持つ。根底にはそうした思想・哲学がありそうです。
IMG_6693.jpgIMG_6694.jpg
お互いをつよく信じるこころが二人を笑顔にしてくれる。
出逢って今となり未来がある。お互いにありがとう。
ある先生に頂いた言葉です。
IMG_6612.jpg
そんなふたりが選んだのは‘会津山義‘でした。

2008.08.22
風義について

コーディネイション

台所のコーナー部を活用した奥さんの書斎。
八日町の家のテーマである‘中性的‘なところを
崩さないようにと材を垂直や水平に動かしてあ〜でもない、こ〜でもないと。
往生際が悪くやっていた部分です。
基本設計はあっても詳細の部分は現場で決める!!
つくり手にとって贅沢な仕事でありますね。
IMG_6531.jpg
毎日眺めていても飽きない景色こそ暮らしの中にほしいものです。
また、うつくしい杉材のカウンターは
ほどよい大きさに収まり雑貨などの演出も期待できそうです。
いそがしく家事をこなす奥さんの
「小さなギャラリー」の演出お手伝いができればですね。

2008.07.29
風義について

何者!!

IMG_6306.jpg
順調です。山義の材は内地(地元)材、中でも杉が多く手刻みが中心に。
この‘刻み‘の作業、学ぶことが多いっす。‘おさまり‘や‘仕口‘などなど。
IMG_6315.jpg
蛍光灯の‘あかり‘よりおてんとさまの‘あかり‘のもとでの作業が自然かも。図面を描くのがキライではないのですが現場の躍動感を感じる瞬間が好き。設計者の描く設計図、いわゆる図面が現場の躍動感だったり高揚感を遠ざけることもあるのではと近日感じることも多々ございまして。手刻みともなれば大工の感性が必要なことは実力者ほど認知している訳ですね。「伝統の復活!!」などと大げさではなくあたり前に日本の木で家をつくり、あたり前に日本の木をつかう。そして商いとして成立することも、手加工と機械加工を交えて証明していきたい。大工の時は設計者がうらやましいかったあの頃、今では大工がうらやましいワガママなヤツです。本当!!
IMG_6317.jpg
朝顔じゃなくてゴーヤです。松っつあん〜!!

2008.07.23
山義標準仕様

みんなの想い!!

IMG_6277.jpg
山義の定番、45㍉厚の無垢の床材。
住む人が‘木の家‘を感じることができる45㍉厚の床板。
もちろん一枚板から仕上がっています。
一般的な床の施工とはチョイと工夫が必要!!
IMG_6274.jpgIMG_6281.jpg
ベテラン大工さんから指導を受ける若手大工。
差し金の使いもおぼつかない様子もあるものの
樹齢80年超の床材と
格闘できるところは頼もしいものです。
IMG_6269.jpg
「さあ、ど〜やっておさめてやるか。」 必ず想いは伝わるよ、がんばれ!!

2008.07.20
山義塾リポート

笑顔は麻薬

軽石であそぼう!!
IMG_6028.jpg
夏休みに突入。宿題も兼ねてwinwinさん主催で‘こども工作教室‘を開催。講師は猪俣祐一先生。はじめに、イメージした作品の絵を描き、好みの軽石をチョイス。ブロックの平らな部分や角を利用してつくります。作品は一つの軽石からでつくる方法と組み合わせでつくる方法が。
IMG_6029.jpgIMG_6031.jpgIMG_6047.jpgIMG_6065.jpgIMG_6061.jpgIMG_6067.jpgIMG_6085.jpg
作成にあたりポイント
□細くなると弱くなり折れやすくなること
□繊細さぢディテールは苦手
□手は削らないように
□マスクはあったほうが○
                  などなど。
IMG_6090.jpg
娘作のキンギョ?。先生もキンギョに太鼓判!!
IMG_6105.jpgIMG_6117.jpg
先日お邪魔した坂本分校で作家活動をおこなう若杉先生もご来場。
子供は夢中に、親は意地に(汗)
ギャラリー内は人体から発する熱気と軽石の粉じんでムンムンに盛り上がりました。
やっぱ、次回は屋外かな〜。
先生は最後に、
「ものをつくるということは、すぐにはできません。‘じかん‘が必要です。
あきらめないで、がまん強く、作品をつくってください。」と...
イイです。グッときちゃいました。
出来上がりを喜ぶ子供。その笑顔で癒される親。
イイ時間を共有できました。
IMG_6125.jpg
イェ〜イ!!

2008.07.18
山義標準仕様

らしさ。

IMG_5978.jpg
「外材は出来るだけ使わない。それが信念かな。」
外材の堅くて強いイメージ。それは写りや手触りにも。
IMG_5976.jpgIMG_5975.jpgIMG_5965.jpgIMG_5969.jpg
「地松や地杉には柔らかさや温かみをおぼえる。ただ、材種は多くしない。
やっぱり杉がいいよね。木もいろいろなものを組み合わせると‘木違い‘になるからね。」
材種が違えば強度や癖も違う。癖が違うもののを組み合わせれば狂いも大きくなる。
構造計算による金物の選択や取付がダメじゃなくて...
IMG_5967.jpg
材木の育った山の環境や製材、そして墨付けと刻み。
材料の出所を見ている山義の棟梁。
やっぱり、間違いないよね〜。

«...58596061...»

Entry

Category

Archive