風義ブログBLOG

2019.10.24

見通し。

今朝最初のお仕事は会津若松市和田の家の下準備の打ち合わせからはじめました。これまで駐車場として利活用されてきた敷地ですのでアスファルト敷の路面となっています。そこでこれらを重機でゴリゴリっとむいてかたす段取りを。それと地鎮祭前の準備工事ですが職方がワラワラと町内をウロウロするであろうと思い、ご近所に工事開始のご挨拶に伺いました。

お次は喜多方市。こちらの町では2つのお仕事を。ひとつ目は先日土地購入されてご主人の職場に訪問。今後の新居計画の見通しを構築するための資料として土地売買契約書と重要事項説明書の原本を受け取りに伺いました。初めて見る制服のお姿、ビッビッとしていて思いがけない感じでした。

ふたつ目はこれまた喜多方市。こちらは地質調査の立ち会いになります。現場には調査開始時刻早々に着いてしまい、近所をうすらかすら。すると木造校舎のお姿が、旧岩月中とあります。中学校なんでしょうね、大きな屋根とスッと横に広がる板張りの建築物、そして割と広めの校庭。なんかとてもステキ。

なんでもこの旧岩月中界隈ではは伊達勢と芦名勢が戦った地らしく道路沿いの看板にてその案内が表記されていました。(天正・北方合戦 天正13年(1585年))日史について門外漢でしたのでこういった事はじめて知りました。

こうして時間を持て余していましたが時間が着たので喜多方市滝川の家へ。今回も地盤調査の方法はレイリー波も用いた表面波検査法。写真はその装置の一部、乳搾り缶ではありません。現場で入手したデータをすぐさまSNSを介して本社の専門部署へ。以前もご紹介しましたがこれ本当に素晴らしい応答性です。こんなあんなして午前中が終わりました。

上の写真は昨夜の夕飯。

先日末っ子がつくったケーキの生クリームが残っていたのを覚えていたので、生クリームをつかったカルボナーラをやってみました。平麺が濃厚なソースをすってくれてしっとりとぷりぷりして美味しかったです。

 

2019.10.23

お祝いケーキ。

「結婚記念日って、いつも忘れちゃうよね」と発した今月のはじめ。ママの言葉を聞いていた末っ子が祝日を活かしてお祝いケーキをつくってくれました。17:00ぐらいから夕食をいただき、小腹が空いてきた20:00からお祝い会としてご馳走になりました。酸味のある果物がたくさんで、スッキリした味わいが印象的でした。

味や見た目以外に、材料などコストにも配慮した逸品。

2019.10.22

メンテナンス。

久しぶりですね、会津若松市中央の家に暖房器具と照明器具修繕の下見にお邪魔してきました。住まいのお困りごとを3点ほど伺い、わたしの作業はまずはひと段落。居間でお茶をいただきながらご家族との談笑に参加させていただきました。子供さんたちも当然ながら大きくなっていて。学校生活や進路先のことなどきちんと受け答えできるお姿、すごいなと。今日は休日の業者さんもいらっしゃるので明日にでも早速手配してみます。

会津中央の家↓

https://aizu-yamayoshi.com/gallery/200803/

 

 

2019.10.21

参考に。

住む人の想いや暮らし方施工事例に「郡山市西田の家」をご紹介しています。お台所と吹き抜けをかけ合わせたお住まい。これから新築住宅やリフォームなどご検討中の方々の参考になればうれしいです。

住む人の想いや暮らし方 施工事例 ↓

http://www.aizu-yamayoshi.com/gallery/

 

 

2019.10.20

ボーダー越え。

おはようございます、今日は日曜日。会社はお休みですが先々週になりますがカゼなのかアレルギーなのか。なんだか良くわかりませんが体調がすぐれず、午前作業午後早退のスタイルですごしていました。抗生薬、3週間も使用していますがいまだに喉がズキズキします。なんでしょうね。

まっ、そんなこんなで仕事も溜まり研究も遅れ、「休んではおれん!」ということで出社してしまいました。まずは、台風被害の見積もりからやろっかな。

昨日は仙台から出社でしたので朝食をNewDaysで入手しました。カルツォーネ風のお惣菜パン、フワフワして美味しかったです。

2019.10.19

今日最後のお仕事。

喜多方滝川の家、住宅模型が出来上がりました。午後からの打ち合わせをいくつか終えたらお届けに伺おうかなと考えています。配達時刻は、18:00ギリかな。

2019.10.17

住む、ということ。

昨日いわき市に行ってきました。

以前、いわき市でお世話になったご家族のおうちが水没したと連絡を受けてのことです。今後の復旧工事用にと複数枚、写真撮影してきました被災者のお気持ちを考慮し掲載は飲み水を車に積み込んだこの一枚のみにさせていただいます。

いわき市のおうち、現地確認をしたところ”床下浸水”のようです。水位があと50ミリ高ければ床上浸水となりとても大きな損害になっていたかと想像ができます。特に壁内部の断熱材が洪水被害にあわず難を避けることができたこと、ホッとしていました。

このほか屋外に設置した冷暖房や給湯器などの室外機(ヒートポンプ機)。中通りや浜通りではこれらの機器は地べたにポンと置いちゃう工事が多いわけです。しかし私たちのような雪国育ちの建築士たちは地べたにポンでは雪害であっという間に壊れちゃうから鋼鉄製の架台にエイヤっと載せます。その高さは地面から600から900ミリ。今回は浜通りでしたので600ミリ+ブロック100ミリでこれまた難を逃れました。

これにはご主人も奥さんも息子さんも喜んでいたな〜。

このあと商談があるので今日はここまで!

2019.10.07

建築家アントニン・レーモンド。

先週末は東京女子大学で開催された日本社会学会に参加してきました。東京女子大は建築家のアントニン・レーモンドが戦前に設計した貴重な建築物であります。今年の夏に見学した関西学院大学のキャンパスのそれと似ているところがあり、はじめて足を踏み入れた感じはありませんでした。

アントニン・レーモンド、以前ブログでも紹介させていただきましたがわが家のピアノを設計した建築家であります。こうした空間で学業に集中できる学生さん、ホントうらやましいわ〜。

キャンパス正面出入り口に佇む、板張りのおうち。都市の一部に木の外壁と雑木の庭、とてもとても共感しちゃいました。

ちょっとした道路と住宅の空間にある緑。あ〜、これこれだよ。

建物の半分が住宅で残りの半分がアパートメントのつくり、かな。

いいもの見せていただきました。

2019.10.01

杉板。

会津若松市南花畑の家、ペタペタと杉板を今日もはっています。

下記写真は玄関ポーチ付近のコーナー部。杉板がちょこちょこと飛び出ていますが、外壁工事終盤に上から下に真っすぐにズコズコとノコギリで切りそろえていきます。こういったところにヤマヨシがあらわれてくるのでしょう。

何センチくらいでしょうか、15センチ角ぐらいかな。これも外壁材。マジックペンで表記があるように2階南側の窓と窓の間にはる外壁ですね。

これも同じく外壁材裏面にマジックペンではりつける位置を表記しています。そりゃぁそうですよね、印を描き示しておかなければこれだけの枚数を大勢の大工さんで工事するんだから、わからなくなったり、ダブってつくってしまったりするから。

赤白のコントラストがみれるのはあと少し、足場がとれて(解体されて)風雨にさらされるとみんな同じ色になっていきます。みんな同じ色ってなんだか日本人みたいね、社会規範といった風にふかれて。

ケガなく安全第一で終えればうれしいです。

 

2019.09.30

すごしやすい。

自宅のエアープランツ、今年もトロピカルカラーのお花を咲かせました。今の時期、朝夕ととてもすごしやすいですよね。冷房も暖房もいらず、すこし肌寒い感じがしたらサッと薄めの洋服を羽織ればいいし。

今日は大学院のオリエンテーション。

以前に会津若松⇄仙台間の高速バスを利用するといいよ、ってお客さんからアドバイスをいただきましたので今日はその線で行ってみようかな。

1234...»

Entry

Category

Archive