風義ブログBLOG

2021.04.29

一重孔希展

一重孔希展「いのちの炎」に行ってきました。展覧会の会場は、大和川酒蔵北方風土館 昭和蔵です。大和川酒造店の会長の弥右衛門さんと一重さんは大の仲良し。こうした「きずな」を垣間見ることもできそうですね。

風土館への来場は2回目。前回は、やはり一重さんの展覧会「平成の羅漢像」(2014)でした。6年前ですか、月日が経つのは早いものですね。

それでは、入館しましょう。

お出迎えは、若かりしい頃の一重孔希。

そういえば、この頃の話、あまりしてくれなかったなぁ。(かといって、聞きたかったワケでもないけれども。)

COVID-19を考慮し、午後開催予定のレセプションは不参加と、開館まもなくと思い伺いましたが思いのほかの来場者の方々。展覧会は地方紙でも紹介しているので、無理もないよね。

「見たことある!」、と思ったら一重さんに工房や自宅で使用していた家具や民芸品。一重さんの持ち物は、素敵なものがたくさんあって、いつも「いいなぁ〜」「すごいな〜」って眺めていました。

生活の器を生み出してきた彼から、どれほど学ばさせてもらったことか。「住宅は器」、なんてことは言ってませんでしたが、私はそう捉え解釈してました。

工房で用いていた陶芸道具も展示されていました。見ての通り、既存の道具を自身が使いやすいように手を加えることで、あの造形が現れていたのです。ポンポンとスタンプが押されるように同型同種が産み落ちされる近代。ものづくりとして、彼はいかにして生きてきたのだろう。

男と女の絵、この作品も彼のもの。私たち夫婦にプレゼントしてくれた数枚なかのひとつでした。

平日の合間に、もう一度足を運んでみようかなぁ。

 

2021.04.28

アオダモの花。

パネルヒーターメンテナンスの立ち合いで、今日は会津若松市天神町の家に来ていました。玄関先では、アオダモの花が咲いていました。ふわふわしたお花、不思議ですね。

今週末からはじまる大型連休は、自宅やお庭をお手入れしようかなと計画していました。

2021.04.19

会津山義のギャラリー

会津山義ギャラリー、模様替え致しました。ゆったりと対話が可能な「場」になりました。

お問い合わせくださいました方、ご来場お待ちしています。

2021.04.18

経済的資本≠文化的資本

今日昨日と、住宅設計の依頼者・注文主の方々は若い方々でした。彼らは所持金は少ないのですが、幼少期から教養ある生活を送っていることもあり、いろいろなモノを見てきた観点を持っています。「良いモノは良い」と判るようです。

良いものは欲しいが、まだお金はない。といった状況。

これまでは、その時点で「じゃぁ、ほかで(他社で)」といった方が大半でありました。

でも彼らは、そういったタイプでもなさそう。

ここまでの「見てきたこと・聞いたこと」の文化的資本が見え隠れした週末でした。

 

2021.04.15

一回性。

今朝、工場を覗くと「杉床板」を作成していました。きょうの作業内容は、両端部切断。床板の加工工程のひとつです。計画された長さに床板の両端を専用機械により切断してゆきます。

会津山義では、床板を含む木材加工は「受注」により作業がはじまります。あらかじめ、受注量・供給量を予想し生産量を見込む、近年の生産管理方法ではありません。その度ごとに一回限りの木材選定が行われることになります。この一回限りの商材をめぐり、工場を出てゆくまでに多数の職人たちの目で役務が繰り広げられるのです。

▼動画:床板の切断

IMG_0597

2021.04.14

一重孔希展

2021年4月28日(水)から5月16日(日)まで、大和川酒蔵北方風土館昭和蔵において、一重孔希展「いのちの炎(ほむら)」を開催いたします。

氏の民芸工藝を宗としたその仕事は、日本の陶磁器の作家としては群を抜いており、素晴らしい作品です。さらに天才的な造形力による羅漢や獅子の数々、手捻りの仏には精霊が踊っています。

一重孔希氏は残念ながら先月31日に他界され遺作展となってしまいました。この展覧会を一生の集大成としたいと話していたことが耳に残ります。喜多方市(塩川町)が生んだ天才作家の偉業をご覧いただければ幸いです。

(一重孔希を偲び語らう会・展覧会レセプションのご案内から一部引用)

2021.04.09

お疲れ様です。

写真は、自宅中庭の「いろはもみじ」。今年も新芽が出てきました。

じつは、今年に入ってから数回、猪苗代にある工務店さんから「庭づくりのお手伝いしますよ」って、電話が届くのです。

なんてお断りすれば良いものか・・・。

2021.04.08

コロンコロンしちゃってください。

下記に置きました動画は、「はなわ町の家」の作業風景です。

はなわ町の家は、4本の大黒柱をもちいる設計となっています。大黒柱に限ったことではありませんが、集成材以外の材木は、ひとつとして同じ品物はありません。「木目」「幹通り」「ソリ・ムクリ」など、棟梁がひとつひとつ「コロンコロン」と木材を回して確認するのです。

ノミ・カンナの作業=大工職人としがち。しかし、その前工程にこそ、職人の「暗黙知」が隠されている、とわたしは言いたい。

▼動画:棟梁の木拾い

IMG_0551

2021.03.29

春休み。

柱や梁となる木材に、穴をあけたり、切断したりすることを「刻み」(きざみ)と呼びます。ちなみに、穴や切断の記しを「墨付け」(すみつけ)、と呼びます。今日は、春休み中の「はなわ町の家」のご家族と会津山義の大工さんの即席チームで、はなわ町の家に用いられる構造材を「刻み」ます!

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝、はなわ町の家のご家族より、写真をいただきました。(LDKから見えるといいなぁ。)

2021.03.28

ハビトゥス

Danner社製のDanner Light Black。私物品です。21年前に東京・新宿で購入しました。写真をみると、ピッカピカです。理由は、高校を卒業し、大学入学までの小休憩中にメンテナンスを長男が施してくれましたのです。

わたしもシーズン後にメンテナンスはしていましたが、ここまで仕上げたことはありませんでした。ちなみに、コバルトブルーの靴紐は息子からのプレゼント。メルカリで探してくれたDanner社製。

Danner Light、5万円前後で購入した記憶があります。ものすごく高くて、何度も何度も「買うかな、どうすっかな〜」って1時間以上、店内をウロチョロしていました。

当時、メンズブランド雑誌のMade in USA特集で出会えた代物。防水性・通気性が高いGORE-TEXとよばれる特殊素材や、職人がひとつひとつ手作りでつくることなども魅力的でした。なかでも、リペアサービスがあること。これで購入へと背中を押されました。品物の保証とか保険よりも、つくり手の考え方・向き合い方に惹かれたのかなって、今考えると。

オールソール交換からミッドソールの修理まで、靴底を外して新しく取り付ける工程、縫製工程など「長く共にいれる」ための設計がなされているのです。

 

 

時が経つにつれて、美しくなってゆくもの。

素材の良さはもちろん、家族との思い出までも輝かせてくれる、こうした「文化的資本」がわたしの住宅観に関係している。と、言えるかもしれません。

 

 

Entry

Category

Archive